妊活や妊娠中に必要な葉酸、葉酸サプリに副作用はあるの?

葉酸サプリ 副作用

葉酸サプリは妊娠する前から授乳期まで、厚生労働省から摂取を推奨されています。 妊娠中~授乳期まで、キチンと必要な成分を摂れる葉酸サプリ...

葉酸は摂りたい!でも葉酸サプリに副作用は?

妊娠中には必須のサプリともいえる葉酸サプリ。母体の貧血予防や胎児の成長促進、さらには先天性の病気である神経管閉鎖障害の予防にも役に立つとされています。

葉酸は体に取り込みにくいんです

そもそも葉酸はホウレンソウなどにも含まれていますが、身体への吸収率が低いうえに、熱に弱いという弱点があり、効率よく摂取することが課題の栄養素でした。この弱点を解決したのが葉酸サプリで、このサプリの登場により、無理をすることなく必要な量の葉酸を摂取できるようになったのです。

葉酸の副作用は摂取過剰のために起こる?

ただし便利な葉酸サプリにも副作用があります。じつは妊娠期の葉酸の摂取には上限が定められており、最高でも1日当たり、1000μgまでしか摂取してはいけないことになっているのです。過剰摂取してしまった場合は吐き気、むくみ、食欲不振、紅斑、不眠症などの副作用が出ることがあり、妊婦には非常につらい状態になってしまいます。また過剰摂取の副作用は母体だけにとどまらず、胎児にまで影響がでることがあります。オーストラリアでは葉酸の過剰摂取が生まれてきた赤ちゃんの喘息を引き起こす可能性があると報告されており、このことからも定められた用法、用量を守ることが大切なことがわかるでしょう。
このように葉酸サプリには副作用があることも事実ですが、だからといって危険なわけではありません。上記でも記したように、用量さえしっかり守っていれば、基本的には問題ありません。葉酸が妊娠初期の母体の保護や胎児の成長に必要不可欠なのは間違いありませんし、出産後も母乳の質や量の向上、あるいは産後の機能回復にも葉酸は必要な栄養素です。赤ちゃんの健やかな成長には健康な母親の存在が不可欠なのは言うまでもありません。

もちろん栄養の摂取は食事からというのが基本ですが、育児と家事の両立もなかなか大変ですので、サプリメントも上手に活用すればいいでしょう。

ただしサプリの中には合成添加物が含有されていたり、葉酸そのものも化学合成されたものが配合されている場合があります。しかしこれは厚生労働省も薦めている合成葉酸です。天然物の葉酸は吸収率が不安定なため、シッカリ規定量摂れる合成葉酸を推奨しています。

天然葉酸も合成葉酸も吸収率や含有量などしっかりチェックして買いたいですね。


葉酸サプリは妊娠する前から授乳期まで、厚生労働省から摂取を推奨されています。 妊娠中~授乳期まで、キチンと必要な成分を摂れる葉酸サプリ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする