ノンシリコンとシリコン・無添加の違いって何?合わない髪質は?

シリコン・ノンシリコンシャンプー

最近ノンシリコンシャンプーが注目され、数多く発売されていますよね。

お馴染みのシャンプーブランドなど種類がとても豊富です。

何となく髪の毛に優しいイメージがありますが、シリコンとノンシリコンシャンプーの違いや特徴を詳しく知らない方も多いですよね。

そこで今回は、違いや合わない髪質、デメリットなどをご紹介したいと思いますよ。まずシリコンとは一体何なのでしょう?

そもそもシリコンってなに?

シリコン・ノンシリコンシャンプー

市販のシャンプーに含まれるシリコンの正式名称は「シリコーン」。

シャンプーには、シリコンオイルという形で「○○メチコン」などと成分が表示されています。

シリコンは、化学的に合成された樹脂です。

痛んだ髪の表面をコーティングし、キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防する効果がありますよ。

髪の毛の摩擦を減らし、手触りをさらさら艶やかにしてくれるのです。

シリコンは髪の毛にとって、良い働きをしている気がしますが、ノンシリコンが選ばれるのはなぜでしょうか。

それぞれの特徴と無添加との違いはどれくらいなのでしょうか。

ノンシリコンとシリコン・無添加との違いとは

マユライズ 太眉

ノンシリコンとシリコンの特徴って?

シリコンシャンプーは、髪の毛を保護してくれます。

・髪の毛の手触りが良く、光沢が出る
・ドライヤーの熱から守る
・広がった髪の毛をまとまりやすくする

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないので自然な状態になります。

・髪の毛が自然・ナチュラルになる
・洗い上がりがサッパリする
・髪の毛にボリュームが出る
・白髪染めやパーマが長持ちする

シリコンが入っているか入ってないかだけで、大きく特徴が違いますね。

無添加との違いとは?

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを含んでいないものです。

無添加シャンプーは、添加物を一切含んでいないもののことになります。

シリコンも添加物の一つなので、ノンシリコンシャンプーも無添加だと勘違いする方が多いです。

無添加シャンプーは、シリコンのほかにも一切添加物が含んでいないものという違いがあるのです。

添加物とは、石油系界面活性剤・タール系色素・鉱物油・パラベン・紫外線吸収剤・香料・着色料です。

無添加シャンプーは、髪や頭皮に有害性の恐れがある成分を取り除いていることが最大のメリット・違いでもあります。

無添加シャンプーは、今までシリコンシャンプーを使っていた人にとっては、物足りなさや合わないなと感じることもありますよ。

ノンシリコンシャンプーを実際に使っている人は、どんな実感があるのでしょうか。

口コミってとても参考になりますよね。

ノンシリコンシャンプーの口コミ・比較

女性納得

今までシリコンシャンプーを使っていた人がノンシリコンに変えたとき、どんな変化が起こったのか口コミを見て行きましょう。

顔のニキビが気になっていた。
特に生え際のニキビがひどく、シリコンに原因があるといううわさを聞いて、ノンシリコンをお試しで使ってみた。
しばらくすると、ニキビが治まってきて、肌がきれいになってきた。
シリコンが自分には合わないことを知った。
シャンプーや髪の毛をとかすときの抜け毛が気になっていました。
ノンシリコンシャンプーに変えた途端、抜け毛が減るのを実感できました。
こんなにも違いがあるなんて、びっくりです。
変えてすぐ、洗浄力の物足りなさを感じました。
シャンプーの後にトリートメントやオイルなどで保湿しないといけません。
自然の艶を取り戻すために、しばらくつづけて様子をみたいと思います。
美容院で勧められたノンシリコンシャンプーを試してみました。
1回洗っただけで、効果を実感できました。
洗い上がりは良いのですが、ドライヤーで乾かすとパサツキと広がりが気になりました。

それぞれメリットとデメリットがあるのですね。

こればかりは、実際に試してみないと分からないです。

シャンプーはノンシリコンでも、コンディショナーはシリコン入りのものもあります。

美容院で取り扱っているものは、効果が高そうですね。

それでは、どんな髪質には合わないのでしょうか。それぞれの髪質の違いも注目です。

シリコンとノンシリコンシャンプー合わない髪質もあるの?

疑問

髪の毛に優しくダメージが少ないイメージですが、全ての人に合うわけではありませんよ。

髪質によって合わない人もいるのです。

シリコンとノンシリコンシャンプー、自分の髪質に合うか合わないか。

チェックしてみましょう。

シリコンシャンプーが合わない人

髪が細い
・髪が短い人
・髪がからまりにくい、枝毛の少ない人
抜け毛が気になる人
・頭皮のかゆみが気になる人

ノンシリコンシャンプーが合わない人

髪が普通~太い人
・ロングヘアで艶がほしい人
・髪がからまりやすい人
髪にボリュームがある人

シリコンシャンプーは、強い洗浄力と髪の毛の強い保護力がメリットです。

しかし、人によっては頭皮にダメージを与えすぎてしまい、合わない人もいます。

髪や頭皮にトラブルを抱えている人は、シャンプーが合わないのかもしれませんね。

髪質に合うか合わないかを判断し、使い分けることが大切ですね。

ノンシリコンシャンプーのデメリットって?

デメリット

<髪の毛がきしむ>

シリコンは、髪の毛をからまりにくくサラサラにしてくれます。
シリコンが入っていないことにより、髪の毛がキシキシすると感じる人も多いです。

<熱に弱い>

アイロンやコテなどをよく使う人は、要注意です。

ノンシリコンだと髪の毛をコーティングしてくれるものがないので、髪の毛が熱によって痛んでしまいます。

パサパサになって、切れ毛や枝毛の原因にもなりますよ。

数多くのノンシリコンシャンプーがありますが、おススメや人気のシャンプーはあるのでしょうか。

おすすめのノンシリコンシャンプーはこれだ!

身体を温める方法

<ユニリーバ ティモテ ピュアクレンジングシャンプー>


完全シリコンフリーです。
洗い上がりもなめらかで、保湿機能もあります。
さわやかなハーブの香りで、完全に無添加にこだわりたい方におススメです。

<ラックス ルミニーク ダメージリペア>


ノンシリコンなのにきしまず、洗うだけで髪や頭皮の補修をしてくれますよ。
デュアルアロマの香りでリラックス効果も高いのが特徴です。

<ディアボーテ・HIMAWARIオイルインシャンプー>


髪のうねりやクセをケアして、素直で扱いやすくまとまりのある髪へと導いてくれます。
洗い上がりは、サラサラとべたつかず、優しい洗浄力でしっかり潤いを与えます。

ノンシリコン・まとめ

シリコンやノンシリコンには、髪質や使い心地によっても違いあります。

合わない髪質やシャンプーもあるのです。

気になるノンシリコンを見つけたら、お試しセットを使ってみましょう。

使い心地もありますが、香りも気になりますよね。

多くのシャンプーを比較して、自分に合うシャンプーを見つけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする