機能性表示食品とトクホの違いとは何だろう?

機能性表示食品とトクホの違い

どんどん増えている機能性表示食品

店頭でパッケージに『機能性表示食品』と書かれている商品を目にする機会が増えましたね。

健康食品やサプリメント、ドリンク商品に多く、最近ではキャンディにも機能性表示食品が登場して話題となりました。

しかし、実際のところいわゆる『トクホ(特定保健用食品)』との違いは、よくわからないという方は多いのではないでしょうか? それぞれそういう違いがあるのでしょうか?

機能性表示食品・トクホの2つの共通点は?

どちらも「加工食品」「生鮮・農水産物」が対象で、消費庁へ届け出がされています。

また、安全性の確保を前提として、健康の維持・増進に役立つ科学的根拠がある機能性を持っている食品につけられるという点でも共通しています。

ただし、どちらもたくさんの摂取でより効果が増すものではないため、適切な摂取量を守ることが前提となります。

トクホ(特定保健用食品)の規定

トクホは、トクホ専用の全製品共有のマークがパッケージに表示されています。

トクホは消費者庁が審査をし、認可を与えた商品しか表示することができません。最終製品によるヒトでの実験結果を提出し、科学的根拠を示します。

トクホで表示できる成分は以下のものとなります。

整腸/体脂肪・中性脂の抑制/血糖値の上昇抑制/コルステロール低下/高血圧の改善/歯の健康維持/骨の健康維持/ミネラルの吸収率向上/肌の乾燥予防

機能に関する表記はあらかじめ決められた表現のものを使用しますので、同じ機能性を持つトクホのものは全て統一されていることになります。

機能性表示食品の規定

機能性表示食品は、消費者庁に届け出を行いますが、審査はありません。しかし、企業・団体が責任をもって最終製品によりヒトでの実験結果、または信頼できる文献・論文を隠喩男することで科学的根拠を示し、情報を公開することが義務付けられています。

機能性表示食品においては情報公開は義務ですが、トクホは審査と認可がある代わりに情報公開の義務はありません。

機能性表示食品では、トクホで規定されているものはもちろん、それ以外でも康維持・増進に有効性・機能性について科学的根拠基づいた根拠を表記があれば、消費者庁に届け出をすることで表示販売することができます。

消費者の選択肢として情報を見る

機能性・有効性に科学的根拠が発見されても、トクホのシステムのみでは認可までに時間と費用がかかりすぎてしまう問題点がありました。

その点、科学的根拠に基づく情報公開をすることで、大幅な費用と時間を削減して、消費者に健康維持・増進効果のある商品を届けることができるのが、機能性表示食品のメリットと言えます。

しかし、審査に基づいた認可ではないため、科学的根拠の正当性については、公開されている情報を元にして、消費者自身が判断する必要があるでしょう。

機能性表示食品 ダイエット↓↓↓

【シボヘール】初回980円最安値でお試しチャンス!お腹の脂肪がたった4粒で!
シボヘールはお腹の脂肪を減らしたい方におススめ!初回980円!お試し最安値です! 私もお腹の脂肪が気になり始めてもう数年・・^^ ...
【イージースムージー】えっ990円で?!「体重を減らす」青汁+葛の花イソフラボンのW効果!
イージースムージーグリーン 効果・他のスムージーとの違いやキャンセル方法をご紹介! ⇒ イージースムージーグリーン 公式サイトはコ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする