機能性表示食品って何?

トクホとは何が違う?機能性表示食品とは

機能性表示食品

機能性表示食品とは何?

機能性表示食品をご存知でしょうか?平成27年4月から始まったばかりの表示制度です。

・安全性の確保
・機能性表示を行うに当たって必要な科学的根拠
・適正な表示による消費者への情報提供

以上の3点を満たし、事業者の責任において表示された食品が、機能性表示食品なのです。

「脂肪の吸収を穏やかにする」など、機能について適正な表示で情報提供が行われます。

今まで、機能性の表示は国が個別審査を受けて許可を出していた特定保健用食品(トクホ)や、栄養成分(ビタミン・ミネラル)補給のための目的で作られ、栄養成分の表示や当該栄養成分量の厳守、注意喚起の表示が定められた栄養機能食品とは違い、事業者が消費庁長官に届け出を行い、届け出られた情報が消費庁サイトで公開されています

どんな風に表示がされているの?

機能性表示食品は、パッケージの表側に『機能性表示食品』と、届出番号と一緒に表示されます。パッケージ表側には、科学的根拠に基づいた期待できる機能性の表示も去れます。

パッケージ裏には以下の項目が表示されます。

・機能性関与成分の1日当たりの摂取量
・摂取量の目安、摂取方法、注意事項
・事業者への連絡先

その他、機能性表示食品が医薬品ではないため、疾病を診断・治療・予防を目的とした食品ではないこと、食事のバランスについての指導などの諸注意が記載されています。

機能性表示食品のメリット・デメリット

トクホは、申請から審査を経て認可がおりるまで2年ほどかかってしまい、栄養機能食品は審査が不要なもののビタミンやミネラルなど対象が限定され、規定の表現しか使用できません。

機能性表示食品は、国の審査がいらないため、低いハードルで機能性の表示ができます。そのため、より消費者にとって健康効果の高い機能性食品の選択肢が増えることがメリットです。

一方で、国の審査がないために、科学的根拠へのチェックが甘いといったデメリットもあります。消費者側も、見極める目が必要になるでしょう。

健康の基本は普段の生活から

機能性表示食品は、生産・製造、品質の管理の体制、健康被害の情報収集体 制を整え、届け出ることが義務となっています。消費庁のサイトで、届出番号ごとに情報を閲覧することができますので、信頼性が気になる方はチェックをしてみてください。

機能性表示食品に限らず、トクホや栄養機能食品にも言えることですが、その食品を選んだから必ずしも健康になれるわけではありません。健康の基本は、普段の規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食生活であることを忘れないようにしたいですね。

機能性表示食品 サプリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする