脂肪燃焼には体温をあげることが効果的!身体を温める効果3選

身体を温める方法

身体を温める効果のある3つの方法

一つ目は野菜の中でも、積極的に根菜類を取り入れること

根菜

そもそも、昔から長持ちする根菜類は、野菜の取れない冬場に欠かせなかったもの。根菜類には身体を温める効果があるのです。冬のお料理には根菜類が多いのもうなづけるでしょう。
特に人参に含まれるベーダカロテンは抗発ガン作用や免疫賊活作用があります。また、身体の中でビタミンAに変換され、髪の毛や視力、粘膜や皮膚の健康維持を助けてくれます。

油と相性がよく、油と合わさることでビタミンAの効果がより増すので、炒め物にするのがオススメです。ごぼうも解毒作用を促す効果があります。きんぴらなども良いでしょう。

二つ目は小豆を取ること

身体を温めよう

もともと小豆には腎機能をの働きを助け、悪いものを出す手助けをする作用があります。その解毒作用は二日酔いにも効果的です。また、かっけや心臓、腎臓からくる浮腫みの改善にも貢献してくれて美容に良いといえます。
ビタミンB1が豊富で疲労回復の手助けもしてくれます。肩こりや筋肉痛の改善にも役立ちます。
普段のおやつでおしるこやぜんざいなどを取るようにしたりすると良いでしょう。また、二日酔いには小豆粥もオススメです。
煮物に取り入れたり、毎日少しずつ取るようにしていくと、疲れの溜まりにくい身体になっていきます。

三つ目は白湯を飲むようにすること

シンプルですが、身体を温めるのは一番効果があるといえます。昔から朝に白湯を取ると良いと言われています。

内臓からゆっくりと目覚めさせることが良い目覚めに繋がります。
ふだんからビールやコーラなどの身体を冷やす作用のものをとっていたり、自分でも気づかない内側の冷えを改善してくれます。
内臓を温めることで動きが活発になり老廃物の排除を促してくれるので、疲労回復の手助けにもなります。内臓の動きが活発になることで浮腫みも取れやすくなりますし、便秘の改善にも繋がります。
朝はもちろんですが、身体の調子が思わしくない時、疲れた時に飲むのも良いでしょう。
食生活が乱れがちな時も身体をリセットさせてくれるので、こまめに取ることをお勧めします。白湯は朝でも手軽に用意出来ますし、ポットなどで持ち運べますので一番手軽な健康法といえます。
どの方法も冬場はもちろんですが、現代は夏場でも冷房などや夏の食べ物はきゅうりや西瓜、トマトやナスなどの野菜やアイスクリームやかき氷など身体を冷やす作用があるものを好んで取ることも多く、ますます冷えてしまいがちです。
気づきづらい身体の冷えを少しでも改善していくことが日々の健康に繋がります。

いかがでしたでしょうか?

身体の中から温めることがとても大事です。毎日の習慣が必要です・・が意外とできないものですね。そこで簡単にできる方法がサプリメントを使う方法。

最近は燃焼系のサプリメントもたくさん出ています。時間も場所もとらない方法も考慮してはいかがでしょう?

【スリムフォー】おなかの脂肪を減らす秘密は機能性表皮食品「葛の花イソフラボン」
スリムフォーは痩せる?口コミと効果の期待大!お腹の脂肪を減らす効果とは ◆ スリムフォー公式ショップへ スリムフォーは本当に...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする